もち麦は内臓脂肪を減らす最強食材!?ぽっこりお腹をスッキリ撃退

体の中で気になるところはどこですか?
多くの方が「ぽっこりお腹」と答えると思います。

お腹がぽっこりしていると見た目もかっこ悪いですし、何より健康的に問題はないのかと心配になってしまいますよね。

そんなお腹が気になる方に大注目されている食材があります。
それが「もち麦」なんです。

ダイエットにいい!と最近ジワジワと人気が高まっているもち麦ですが、どれほどぽっこりお腹に効果があるのかを見ていきたいと思います。

売れてるもち麦がすぐ分かる!!
<<もち麦売れ筋人気ランキング【楽天】

もち麦の内臓脂肪減少効果について

もち麦が大注目を集めている理由は、その食物繊維の含有量にあります。
もち麦100グラムあたり13グラムの食物繊維が入っています。
これは根菜類のごぼうの2倍、白米と比べるとなんと26倍も入っているんです。

特に注目したいのが「βグルカン」という食物繊維。
これは水に溶けやすい水溶性の食物繊維で、水を加えるとゲル状に変化し、これが糖分や脂質の吸収を邪魔してくれるだけではなく、絡めて排出してくれる働きがあるんです。

なのでついつい多くなってしまいがちな炭水化物を脂肪に変える前に体から出してくれるので、内蔵脂肪の抑制にもつながるというわけです。

もち麦はどう食べたらいいの?

もち麦の健康パワーを効率的に取り入れるには、「麦ごはん」にするのが超おすすめ!
炊き方は簡単で、白米7に対してもち麦3の割合にして、後は炊飯器で炊くだけ!
もち麦のプチプチ感が程よく感じられてとっても美味しくいただけます。

いつ食べたらいいの?

麦ごはんは、朝に食べるのがおすすめです。
というのは、食物繊維であるβグルカンが糖質の吸収を邪魔する効果が次の食事まで続くので、特に炭水化物が多くなりがちな昼食にも効果を発揮するからです。

もち麦はどこで売っているの?

お米を扱っているスーパーに行けば簡単に手に入ることができます。
しかし専門的に扱っているお店じゃないとたくさんの種類が置いていないことも多いです。

そんな時はネット通販で購入するのがいいでしょう。
楽天にももち麦を取り扱っている多くのショップがあるので、見てみてくださいね。

もち麦の人気ランキング【楽天市場】

まとめ

見た目ばかりか2型糖尿病や心筋梗塞など怖い病気を引き起こす原因となる「内臓脂肪」。

減らすためには「適度な運動」と「食生活の改善」が不可欠です。
分かってはいてもなかなかできないのが食事の見直し。

だったら普段のごはんを「麦ごはん」に変えるだけのダイエット法は試してみる価値は大きいと思います。
簡単だし美味しいし、それで健康的になれるならやらない方はないですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする