ヘルシーバックバッグの使い心地は?口コミ評判で分かった事とは

今、ファッションアイテム、とりわけバッグの中で最も注目されているものが「ヘルシーバックバッグ」です。

シンプルなデザインながら男女に関わりなく売れているバッグです。
認知度はどんどん上がってきていて、購入しようかどうか迷っている方も多くいらっしゃると思います。

そこで実際に購入し使用している方の口コミ・評判を元に
・使い心地はどうか
・購入する前と後では何か違うことはあるか
など、購入を考えている人の参考になる意見を取り上げてみたいと思います。

またこのバッグはどんな方におすすめなのかについても見てみたいと思います。

ヘルシーバックバッグのここが凄い!製品特徴をご紹介

形にヒ・ミ・ツあり

ヘルシーバックバッグはしずく型のシェイプが特徴です。
右・左、どちらの肩に掛けてもバッグのシェイプが体に沿うように作られているので体にフィットします。
ちょうど背中を包み込むような格好となり、荷重が一点に集中しないので首や肩、腰に優しい構造なんです。

カバンが体に触れ合う面積が増えると軽く感じることも分かっていて、その結果姿勢が悪くなりにくく疲れも軽減されます。

荷物の取り出しが超簡単で便利

バッグのファスナー面が背中側に来るので、電車の中などでファスナーを開けられることもないので安全性が高いです。
またバッグを肩から外さなくても前に持ってくればファスナー部が上に来るので、物の出し入れがとっても楽なんです。
通常のボディバッグやワンショルダーバッグではこうはいかないですよね。

収納ポケットがとってもたくさん

バッグの中にポケットが少ないと結局はゴチャゴチャになってしまい、必要なものがすぐに取り出せないことにつながってしまいます。
その点ヘルシーバックバッグにはポケットが沢山用意されてます。
どこに何を入れるかはあなた次第!とばかりにポケットがあるので、場所決めも結構楽しいです。
またポケットが多いことで荷重が分散されるというメリットにも繋がっているんです。

カバンの裏地はあえてシルバーにしてあります。
これにより収納したものが見やすく取り出す際も一目でわかるので助かります。
その他の製品特徴はコチラをご覧ください【楽天】

ヘルシーバックバッグの口コミ・評判は

ヘルシーバックバッグを購入して実際に使っている方の口コミや評価を見て使い心地を検証してみたいと思います。
・試着してみて体へのフィット感と負担の少なさを感じ一目惚れ
・背中にピッタリと沿ってくれるのでカバンが軽く感じます。
・ポケットがたくさんあり、カバンの中でモノが迷子になることがなくなりました。
・汚れても水洗いOKなのでヘビーに使っても大丈夫
・肩に当たる部分に滑り止めが付いているので、バッグが動かなくて良い
・ファスナーが背中の方向に来るのでスリなどに遭う確率はぐんと下がりますね。

買い物のとき財布を出すのに一苦労するが、このバッグだと簡単に物の出し入れができてとっても良い
リュックは荷物が底に溜まるので重たいという実感があるが、ヘルシーバックバッグは荷重が分散されているし背中全体に力が伝わっている感じがするのでとっても楽。

ヘルシーバックバッグのコンセプトである「沢山入るのに肩・腰の負担を軽減する人間工学設計のバッグ」というスローガンそのままに、体への負担が他のバッグよりも少なく使いやすいという評価をしている人がとっても多かったです。

その一方で
・思ったよりもたくさん物を入れることができなかった
・マチがそれほど広くないので、かさばる物は出し入れがしにくい
・ワンショルダーとしては値段がちょっと高め

という意見もありました。

このヘルシーバックバッグもそうですが、カバンを購入する場合、サイズを決めるのが非常に難しいものです。
そこで次にサイズ選びについて見てみたいと思います。

ヘルシーバックバッグのおすすめサイズはS

カバンのサイズ選びって難しいです。
口コミを見てみても品質の良さや使いやすさは分かっても、使用する用途は人それぞれ。
小さめのサイズでは必要なものが全部入らない
少し大きめだと取り扱いが面倒

そこでおすすめしたいサイズは、スバリ「Sサイズ」です。
実際デイリーユーズではSサイズが一番の人気です。
このサイズですと、普通から大きめサイズのハンドバッグの代わりになる大きさです。
コレだったら日常生活で使うぶんには必要十分だと思います。

また日帰りの旅行や観光で使う場合はMサイズがおすすめです。
サイズが大きくなっても使いやすさは変わりませんので、お財布や観光案内など頻繁に物を出し入れする街歩きにはちょうどよいサイズです。

使用目的は人それぞれなので、どんな場面でこのヘルシーバックバッグを使うのかを考えてサイズを選んでくださいね。

ヘルシーバックバッグはこんな方におすすめ

小さいお子さんをお持ちのお母さん

マザーバッグに入れる荷物が減ったので他のバッグを探している。
リュックだと荷物の取り出しが面倒だし、ショルダーでは肩が痛くなるし荷物が前に来てしまい邪魔
でもヘルシーバックバッグなら荷物の出し入れが楽だし、背中にフィットしているので子どもを抱きかかえてもまったく邪魔になりません。

通勤に

通勤時には必要最低限の物を持っていく、という方
ポケットがたくさんあり置き場所を決めておくと取り出すときに便利だし、荷物の分散にもつながるので重さを感じにくくなります。
またファスナー部分が背中方向に来るので電車のなかでいたずらでファスナーを開けられる心配もないので安全性が高まります。

旅行や街歩きに

お出かけ先で財布など頻繁に出し入れしなければならないとき、リュックでは不便だしショルダーでは肩が凝ってしまいます。
そんなときはヘルシーバックバッグ。
物の出し入れに肩からカバンを外すことはしなくてもできるし、背中にフィットしているので荷物を気にせず長い時間歩くことができます。

まとめ

ここでは大人気のヘルシーバックバッグをご紹介しました。
もともとが革職人とカイロプラクター、そしてドクターの共同開発から始まったバッグです。
ですから独特なバックの形状には医学的な基礎が取り入れられています。

実際に使っている方の口コミを見ていても、多くの方がバッグの形状に伴うフィット感や軽さ、ポケットがたくさんある便利さや物の出し入れがしやすい機能性を高く評価しています。

リュックでは物の出し入れが面倒だし、荷物が底に溜まるので重さを感じる
ショルダーバックは片側の肩だけ痛くなるし、前かがみになるとバッグが前方にいてしまう

従来のバッグに不満を感じている方にはヘルシーバックバッグは最適なバッグではないでしょうか?

確かにお値段はちょっと高いですが、使ってみるとその良さが分かります。
中には同じヘルシーバックバッグをサイズ違いで持っているというツワモノもいらっしゃるんですよ。

カラーも豊富なのであなたにピッタリの色が見つかりますよ。