子供用ペダル無し自転車 売れてるグラフィスGR-BABY 口コミ評判は?

今、子どもたちの間でとっても人気になっているのがランニングバイク(ベダルなし自転車)です。
公園に行ってみると連日多くの子供達がランニングバイクで遊んでいます。

対象となる子供の年齢は2歳から5歳位までです。
三輪車からいきなり自転車ではハードルが高いので、その中間的な存在となっているのがペダル無し自転車なのです。

様々なものが販売されていますが、ここではとっても人気の高い、口コミでも評価されているものをご紹介したいと思います。

ランニングバイク(ペダル無し自転車)には様々タイプがありますが、こちらではどのタイプが人気なのかがよく分かります。

チェック!!>>子供用自転車の人気ランキング【楽天】

最も売れているのがグラフィスGRAPHIS GR-BABY

いろんなタイプのランニングバイクがありますが、ダントツ人気No.1なのがグラフィスGRAPHIS GR-BABYシリーズなんです。

グラフィスGRAPHIS GR-BABYの特徴は?

大人気のグラフィスGRAPHIS GR-BABYですが、他のランニングバイクと比べてどんな特徴があるのでしょうか。

とにかくカッコいい!!

色のバリエーションがなんと15色
これだけ多いと他の子どもとかぶることがないし、選ぶ楽しみもありますね。

ブレーキが付いている

他のランニングバイクにはブレーキは付いていません。
このグラフィスGRAPHIS GR-BABYに付いているブレーキは、大人が乗る自転車のブレーキとは異なり完全に止める為のものではなく、ブレーキを掛けることで減速を体感するためのもの。
いわば自転車に乗るための練習になるので、自転車に乗り始めた時から違和感なくブレーキを使いこなすことが出来るようになります。

ハンドル保護カバー付き

ハンドルバーに保護カバーが付いているので、載っていてバランスを崩し仮にバーに頭部をぶつけたとしてもダメージを最小限に抑えることができます。

ノーパンクタイヤを使っている

自転車で困ってしまうのはタイヤのパンクですよね。
その場でパンクを修理することは無理です。
しかしクッション性の高い素材で出来ているタイヤなのでパンクすることがありません。
これってかなり安心ですよね。

収納に便利なスタンド付き

家で自転車を置く時、スタンドがないと困ります。
この手の自転車にはスタンドが付いていないので壁により掛かるように置くしか方法がありませんが、専用のスタンドが付いているので倒れる心配もなく傷がつくことも防いでくれます。

足が付くので怖がらずに乗ることが出来ます。

両足が付くのでもし倒れそうで怖い場合は立ち上がるようにすれば直ぐに止まれるので安心です。

グラフィスGRAPHIS GR-BABYの口コミ評判は?

常にランキングの上位に来ていますし口コミも1000件以上付いています。
実際に使っている方々の口コミ評判を見てみます。

カラーバリエーションが豊富
他メーカーの商品でも何種類か色はあるけれども、ここまでカラーバリエーションが豊富なものはありません。

色がカラフルなので選ぶ楽しみもありますし、他の子どもと色でかぶることがないのでそれも嬉しい

オシャレでかっこいい

自転車の練習に最適
両足が付くので安心して練習させられます。
子供も怖くなったら足を付けば止まるので、怖がらずに乗っています。
ブレーキが付いているので自転車へのステップアップに最適です。

コスパが高い
外国製の高級な製品もありますが、自転車に乗るまでの期間使うものなので、使用期間は短いですので安いほうが経済的に良いです。

一方でこんな意見もありました。

サドルがやや硬く最初のうちはお尻が痛いと言っていました。

つなぎ目部分の塗装がやや雑な感じがしました。

お尻が痛い場合の対策は、薄手のクッションをサドルに巻いて取り付けてあげると痛みを感じなくなって良いですよ。

ランニングバイク(ペダル無し自転車)を乗る時のコツは

足で地面を蹴って進むランニングバイク
最初のうちは地面を蹴る感覚がつかめずなかなか前に進むことが出来ないことがあります。
そんな時は「ゆるい坂道」で練習するとよいですよ。
坂道だとそんなに地面を強く蹴らなくても前に進むので、蹴る感覚を身につけるには最適です。
楽に前に進むことでバランスを取ることにも意識が行くので直ぐに乗りこなすことが出来るようになります。

子供は乗れたことに喜びを感じて夢中になってくれます。
ですので最初の練習には良い方法だと思いますので試してみてください。
(道路では練習させないでくださいね。)

いきなり外で走らせることには不安な場合がありますよね。
そんな時はまずは室内で練習させるのもよいです。
1メートルでもよいので足で蹴って進む練習をしておくと、それだけでもバランス感覚が身につきますので、外で乗った時も転倒の心配なく乗らせることができますよ。

まとめ

カラーバリエーションがとっても豊富なのって嬉しいですよね。
色を選ぶ際はお子さんの感覚で選ばせてあげてください。
自分で決めたものならば積極的に遊んでくれますよ。

自転車へのステップアップには最適なランニングバイク(ペダル無し自転車)
色選びは迷ってしまいますが、ベストは一台を見つけてくださいね。

(安全のためヘルメットは必ず着用させてくださいね)
こちらで子供用ヘルメットで人気商品が分かります
子供用ヘルメット売れ筋ランキング【楽天】