コロナ スポットクーラーCDM-1017 口コミで分った冷房機器としての実力は?


エアコンを設置したいが、間取り的に無理!
扇風機だけでは暑い夏を乗り切れない!

そんな方々に選ばれているのが「コロナ スポットクーラー CDM-1017」です。

コロナ スポットクーラー CDM-1017 詳細はここをクリック

エアコンのように工事は不要だし、キャスターが付いているのでどの部屋にも使えます。また圧倒的な除湿能力も選ばれている一因ですね。

暑い夏を乗り切るためエアコン以外の冷房機器をお考えの方に、スポットクーラーの性能や口コミ情報をお伝えしています。

コロナ スポットクーラーの特徴とは

1.1台3役
冷風・除湿・衣類乾燥の3機能が1台でできちゃいます。
季節を問わず使うことができますね。

2.タンクが大容量
除湿ができるタイプの機器は、空気中の湿気を吸い取って水を貯めるタンクの容量が大切です。
タンクが小さいと何度も水を捨てなければならないので面倒ですよね。
でもこのコロナはタンク容量が5.7リットル
約10時間の連続運転が可能なので、水を捨てる回数が圧倒的に少なくて済みます。

3.便利な機能がいろいろ
切タイマーは1・2・6時間
キャスターと取っ手が付いているので部屋間の移動も楽です。
コンプレッサー式なので電気代が他の方式に比べるとお得です。

コロナ スポットクーラーの口コミ・評判はどうなの?

スポットクーラーとして人気の高いコロナCDM-1017ですが、実際に購入した方はどのような感想を持っているのでしょうか?見てみたいと思います。

ここがGOOD
・熱帯夜とかでなければ十分に涼しくなります。
・部屋の除湿、洗濯物の乾燥に向いている
・風呂あがりやエアコンのないキッチンなどで部分的に冷すことができるので助かります。
・ペット用のスポットクーラーとして利用しています。
ここがBAD
・熱風が機器の後ろから出るので部屋が暑くなる
・キャスターが付いていますが重いので、どこでも持って行けるわけではない
・エアコンの変わりにはなりません。
・タンクにフタがないので水を捨てるときには注意が必要

口コミ・評判を見ていると、良い/悪いの評価はほぼ半々という結果になりました。

しかしクチコミ内容をよく見てみると
この機種の性能や能力などを十分に理解した上で購入した方はおおむね満足していますが、冷房装置としてエアコン代わりにしたいと考えていた方にはいろいろ問題点が上がっているのが事実です。

ですので購入する場合は、どんな製品なのか、能力・性能をよく確かめることをおすすめします。

 端的に言うと
基本は除湿機である(+αとして冷風が出る)
そんな機器であることを大前提にして検討するようにしてください。

でも基本的には除湿機だから涼しくすることができないのか?と言われれば、そんなことはありません。
最大の特徴である「除湿機能」を上手に利用すれば、暑い夏も快適に過ごすことができます。

それでは上手な使い方について見てみることにしましょう!

湿度と体感温度の関係

人が心地よいと感じるのは、夏の場合だと「高温で低湿」とされています。
つまり湿度が低ければ温度が高くても快適に過ごせる事を意味しています。

一般に、湿度が10%下がると体感温度が1℃下がる、と言われています。

室温が28℃で湿度が80%だと「暑くて汗が出てしまう」レベルです。
これが同じ室温28℃でも湿度が60%になると「やや暑さを感じる程度」となり、屋外の気温との差もあり十分に快適であると感じられるレベルになります。

この室温28℃で湿度60%というのは、湿度80%で室温26℃と同じ状態だと言われています。

このことからも湿度を下げるということは、温度を下げることと同じような効果があると言えます。

扇風機などを併用するとさらに涼しく!

湿度が下がることで涼しく感じられますが、さらに涼しさを求めるためにも「扇風機」や「サーキュレーター」などを併用してみてください。

コロナ スポットクーラー CDM-1017の機能や性能は
コチラのページに詳しく書かれています
冷房機器を選ぶ際の参考になると思いますので
一度ご覧ください
ココをクリックして詳細ページを見る!

まとめ

コロナ スポットクーラーは「クーラー」と名前が付いているので、これ一台でエアコンの代わりになるように感じますが、そこまで期待してしまうとちょっと残念な結果になってしまうようです。

あくまでも「除湿機+α」と考えて、湿度を下げることを重視し、部屋を快適にする機器であるという認識で使うならば非常に効果が期待できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする